-CCF Child Sponsorship Program

CCFの児童スポンサーシッププログラムは、貧困、育児放棄、虐待に苦しむ子供たちに公共の学校教育とシェルター、食事、衣類、健康管理を与え、CCFの提供する様々なサービスを受けることを可能にしています。
子供たちは、児童スポンサーシッププログラムを受け始めると、次第に成長していきます。CCFではコンピュータークラス、伝統的なクメールのダンス、サッカーや空手等、カンボジアの学校教育の補講を行いますが、それだけれはなく、CCFのスポンサーシップに基づく様々な機会が開放されています。
児童スポンサーシップにより、子供たちの人生において新しい側面を体験することが可能となります。CCFにおける体験はより充足したものとなり、これが子供たちの自尊心を醸成していきます。この支援は特に虐待や育児放棄をされた子供たちとって意義深いものであり、彼らの心の傷を治癒する過程を大きく後押しします。
CCFのスポンサーシッププログラムは、経済支援だけで終わりません。スポンサーシップが開始されると、支援者は支援を受ける子供の詳細な情報と写真に加え、DVDを受け取ります。そこからe-mail経由や報告書、更には直接訪問という形式での関係がスタートします。2011年には、支援者と子供たちの間で2万以上のemailのやり取りがなされました。このような交流を通じ、支援者は子供たちにとって恩人、文通相手、友達といったものになり得るのです。

-Child and Family Sponsorship

CCFの児童・家族スポンサーシッププログラムは、貧窮を極め、公共の学校へ通えず、日々の生活のためにゴミを漁っているような子供たちを助けることを目的にしています。通常のスポンサーシップと同様に、これらの子供たちは公共教育機関への就学、衣類、書籍類、学校やCCFの各施設への交通手段を提供されます。
このスポンサーシップは通常のスポンサーシップと異なり、子供たちのみではなく家族やコミュニティーの支援にまで及びます。家族は、通常米の供給や家賃補助等の短期間の支援を与えられ、それに加えCCFの提供する支援サービスを受けることが可能となります。
CCFは対象となる家庭用に定期預金口座を設け、定期的にお金を積み立てることに加え、対象となる家庭の状況に合わせ、改善計画を作成する支援を行います。この手法により、対象家族は貧困から脱し、積み立てたお金を活用して事業を開始したり、農地を取得したり、借金を返済することが可能となります。





Creating stuff
since 1984*

*"I never see what has been done; I only see what remains to be done." Buddha
Thank you.